女性

ほくろの悩みを解消させる!【アフターケアもきっちり】

  1. ホーム
  2. サービスの内容

サービスの内容

鏡を見る人

施術の種類

小さなものだとしても、望ましくないところにあるほくろは嫌なものです。特に顔や体にほくろがあると、どうしても気になってしまいますね。除去したくても仕組みが分からなくて不安で悩むうち、諦めて放置してしまうなんてことも多々あります。ほくろ除去も行なえる美容外科クリニックについて詳しくみてみましょう。美容外科クリニックは、主に見た目に関しての美しさに重点を置いた処置を施します。見た目が原因となって発生する精神的な負担の軽減を目指すもので、体の各所において施術が可能です。まぶたを二重にしたり鼻を高くしたりするなどの形を整える処置が広く知られていますね。このような形成の他にも、シミやほくろ、いぼなどの除去をはじめ、アンチエイジングのための施術、肌状態の改善など、あらゆるコンプレックスを取り除くための施術を取り扱っています。各器官における機能的な問題がなくても受診可能ですが、保険診療の対象外となります。良く似た機関として形成外科がありますが、こちらは足が動きづらいなどの機能的な異常を前提としての処置になりますので保険適用されますが、美的な問題だけでの受診には適していません。美容外科クリニックによって形態は様々ですが、多くの場合は事前の予約を必要とします。受診当日は医師によるカウンセリングが行なわれ、コンプレックスとなっている問題とその解消方法を相談します。費用や施術内容についてしっかりと確認できるため、安心して治療に臨むことができます。この時点で施術しないことにしても特に問題ありません。単にほくろを除去するだけであれば、皮膚科でも可能ですが、除去後の状態については配慮されない可能性があります。前述のように、美容外科クリニックでは、見た目の美しさを優先した施術が行なわれるため、可能な限り痕が残らないような施術が期待できます。どこまで完全に取り除きたいのか、傷痕はどの程度に収めたいかなど、除去の目的に適した施術が選べるようになっています。除去方法には主に下記のような方法があります。まず一つ目はレーザー方法です。Qスイッチレーザーと炭酸ガスレーザーがあり、直径5?程度の小さなもの、平坦なものに対して使われます。完全除去が難しく再発する可能性がありますが、施術時の痛みが少なく、極めて痕が残りにくいため主流の治療方法です。二つ目は高周波メス・電気メスです。ほくろをかさぶたのように薄く固めて除去します。直径1?を越えるような大きなもの、盛り上がったものに使われます。施術時間が短く痕も残りづらいですが、根が深い場合は完全除去のために複数回の施術を必要とする可能性があります。三つめはメス切除です。メスでほくろ周辺から紡錐形に皮膚を切開して除去して、サイズによっては皮膚を縫い合わせます。大きなほくろ除去、メラノーマ(悪性腫瘍)かどうか判断するための病理検査を必要とする場合に使われます。根を含めて完全に取り除けるため再発の可能性は低くなりますが、しばらくは大きな傷痕が残ります。検査目的の場合は、保険適用での施術が可能です。また、新しい方法として液体窒素を使う方法も出てきています。液体窒素によってほくろを一瞬で凍結させ、組織を破壊して取り除きます。イボや魚の目などの除去にも使われる方法で、徐々に注目が高まっています。