女性

ほくろの悩みを解消させる!【アフターケアもきっちり】

  1. ホーム
  2. 仕上がりを重視

仕上がりを重視

カウンセリング

体に負担が少ない方法

ほくろの小さいものは、そばかすぐらいの大きさだと普通です。直径が5?以上で盛り上がった形状になった大きいものは、体や顔などの目立つ部分にあると容姿に悪影響が出てしまうので、悩んでいる人が少なくありません。メラノサイトが集まっている状態なので、茶褐色や黒い色をしています。顔や身体の目立つ部分にあると、気になってしまい指などで触ってしまう人もおられますが、なるべく刺激を与えないことが大事です。自分で取り除こうとするのは絶対に避けて下さい。気になるほくろがある場合は、皮膚科や美容外科、形成外科などで診察を受けることが大事です。皮膚科や美容外科のクリニックでは、炭酸ガスレーザーを使用したり、高周波や電気メスを使用したりして切除を行っています。炭酸ガスレーザーは比較的小さいほくろに適しており、黒い部分に数回レーザーを照射することで、目立たなくする働きがあります。施術後は目立ちにくい最新の絆創膏を貼ってくれるので、お肌の弱い人も安心です。体に負担の少ない方法なので、幅広い年代の人が治療を受けています。高周波や電気メスを使用した方法は、5?以上で大きめだったり、盛り上がっていたりする場合でも、傷跡がほとんど残らずきれいに除去ができるのが特徴です。高周波や電気メスを使用した方法は再発が少なく、きれいな仕上がりが特徴です。経験豊富な医師や医療スタッフが在籍をしており、施術後のアフターケアも丁寧なので、安心して通院ができます。一人一人の皮膚の状態に応じた最適な方法を提案してくれるので、きちんと説明を聞きましょう。ほくろは良性の場合が多いですが、悪性のメラノーマなどの可能性があるので、気になる場合は早めに美容外科や皮膚科のクリニックを受診することが大事です。美容外科のクリニックは高い技術を持った医師が在籍をしており、傷跡が目立ちにくく、お肌への負担が少ない方法を提案してくれます。顔の目立つ部分にほくろがあると、容姿に影響が出てしまうため、コンプレックスを感じている人がほとんどです。美容外科のクリニックは最新の医療機器を搭載しており、施術用の医療器具もきちんと滅菌、消毒をしているので、安全性の高い治療が受けられます。ほくろが多い人と少ない人がいますが、体や顔に全くない人はいないので、モデルや芸能人などの著名人の間でも、ほくろ除去は大変ポピュラーになっています。美容皮膚科で診察を受けると、良性なのか悪性なのか診断が付くので、まずは診察やカウンセリングを受けることが大事です。形成外科や皮膚科などではくり抜き法や、切除縫合などの施術も行っており、保険適用が受けられるケースもあります。美容外科のクリニックでは、保険適用外の治療が多いですが、仕上がりが美しいのが特徴で、再発の少ない方法を提案してくれます。レーザー治療は大変ポピュラーになっており、施術中は痛みを感じることもないので、幅広い年代の人にお勧めです。普段の生活では外出をする時は、帽子や日傘などを使用して、強い紫外線を浴びないことも大事です。美容外科のクリニックを受診する時は、事前に予約を入れておくと希望の日時に診察が受けられます。